詩/詞 「幻想少女絵巻」

1. 琥珀色の風に抱かれ 堕ち逝く季節に見えるは虚空 幾年幾日 時を越え 織り成...

» 続きを読む

| | コメント (32) | トラックバック (0)

渋谷スクランブル

人一人殺してやりたいと 朦朧と願うことはわりと自然で いっそローラーでぷちぷちと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩「生きてまた死に逝く墓標で」

蝉の声が絶えて久しい 今年も夏が過ぎ、またいくつかの台風と暴雨が忘れられていく ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポエケットまであと1ヶ月ですよ!!

なんというか、気がついたらもう1ヶ月なのね、な今日この頃。 ポエケットの詳細は下...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「勿忘草」

ひっそりと沼地のほとりにしっとりと 薄青色の忘れ物 Vergiss-mein-n...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「はなればなれ」

カーテンの向こうに呟いた言葉 春待ちの寒さの谷間に ふっ と漏らす溜息 ベッドに...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯/ウェブ/詩誌またはmixiで詩を書くということ(長いので注意)

難しいな、というのが最初の印象であり、やりとりは面白いのだけど、残念ながら学が無...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Light the light」

東京タワーに陽が刺さる時分に煌々と輝く 窓から漏れる明かり 色とりどりの街灯 魅...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「no lapel badge or Ellie shows」

手を広げ縦に横に半径1メートルに満たない円を描く そうして切り取った球状の世界に...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひとのきかん」

発せよ記せよ ことば ことば ことば 口唇のぬめりを 指先のしなりを 以って 意...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«小集 「夜巡り」