« ポエケット買ったものリスト | トップページ | 20080720 »

詩集「The Drifting Words」のご案内

詩集「The Drifting Words」

詩。

それは言葉を媒介にした様々な形、様々な想い。

美術館を巡るように、詩の様々な表出を感じて欲しい。

そんな無謀な試みの元、1冊にまとめました。

詩十篇、一行詩十三篇、計二十三篇収録。

Ws000000_2














収録作品

The entrance

「らせん・バベル・こころ」 (旧タイトル 螺旋・バベル・こころ)

The first exhibition room

「ヒザを抱えて一人酒」

「小集 ひとりあそび」 (一行詩十三篇)

「書を捨てよ 本能のままに」

The second exhibition room

Rhapsody in blue

Lubik's cube

HANSEL'S SAD SONG

The rest station

Through the looking-glass, and what you found there

The third exhibition room

「参加還元」

The way out

「月の降る 夜に」

「ハナサク丘」

The caretaker

「おわりに」(あとがき)

◆発行日:2008年7月13日 第一冊

◆著者:紫音

◆発行元:漂い逝く詩(blog

◆発行者:紫音

◆協力:小笹綾子様

◆版形:B6

◆定価:200

【ご購入をご希望の方】

sionsuzukazeyahoo.co.jpまでご連絡ください。

(☆は@へ代えてください)

定価+送料80円にて、郵便発送致します。

お振込み先等はメールにてご連絡致します。

メールの件名は必ず「詩集購入希望」としてください。

また、本文に下記を記載ください。

1:氏名(お届け先名称、ハンドルネーム)

2:住所、郵便番号

3:ご希望の詩集タイトル及び冊数

4:もしよろしければ、どこでこの詩集やサイトをお知りになったか

5:もしよろしければ、運営されているサイトや同人詩誌等

また、仕事の関係上発送が遅れることもございます。

その点ご了解ください。

遅いな、と感じたら催促してくださいm(__ _)m

2008年11月21日追記
現在在庫がなくなっております。
増刷は未定となっておりますので、ご希望の方は、お手数ですが、在庫と増刷予定をお問合せください。
よろしくお願い致します。

|

« ポエケット買ったものリスト | トップページ | 20080720 »

詩集」カテゴリの記事

コメント

どうもポエケットではありがとうございました。詩集も読ませていただきました。印象でしか語れないのだけど、硬質な中に、穴というかスキマみたいなものがあって、笑ってしまうような詩ではないのだけど笑いを誘発するような(ちょっとなんというか、ちからを抜かれるような)部分もあり、第一印象と第二印象ではまた違うような印象もあり、内容というよりはリズムとかカタチが強くあるので面白いな~と思ったり・・・

なんかまとまりのない感想ですみません。

松岡宮

投稿: 松岡宮 | 2008年7月20日 (日) 22時57分

宮さんこんにちわ。
こちらこそポエケットありがとうございました。
とっと不思議な?感じというか、普段とは違った印象のものを書ければ、ということもあったので、何かそのあたりを感じてもらえたら嬉しいです。
いやぁ、宮さんに面白いといってもらえるなんて・・・
見た目?も遊んだ甲斐がありました。

投稿: 紫音 | 2008年7月21日 (月) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454678/22380410

この記事へのトラックバック一覧です: 詩集「The Drifting Words」のご案内:

« ポエケット買ったものリスト | トップページ | 20080720 »