« 文学フリマ① | トップページ | 「指定席」 »

「雨とアキバとトイレの匂いと香りについての考察」

秋雨というのはひどく冷たく
(ほんのりと金木犀の匂いがして)
ちょっと生っぽい
(フレッシュではなく、賞味期限切れの刺身のアレ)
トイレ、みたい
(芳香剤の匂いは金木犀らしいですよ)
だからきっと
(子どもが楽しんだりするんでしょう)

残念ながら秋葉原では
そんな匂いしないのですよ
コンクリ/メイド/鉄/汗
嫌な匂いです
人も記号になって、並ぶんです
      循環小数
 みたいに
(ここからあそこまでで一まとめ、あと一緒)
靴にちょっぴり雨が染み込むから
なんだか足も嫌な匂いです
ああ 自分が腐臭を漂わせている
 相応しい 匂い
携帯小説/青春メッセージ/刺青とへそピアス
軽くて薄くて世界最小最軽量
(文字数が内容に反比例 短歌なら良かったろうに)

  *

眼鏡で野暮ったい服装で隣の人とはよくしゃべる
似ている
誰も彼も/そこもここも/いつもいまも
矜持と関心さえ
鋳型みたいになって
(バリは出るけどね)
タンスに収納された異世界
掌で踊りましょう/掌ノ上デオドケマショウ

ほんのり甘めの醤油注し
こびりついた赤黒い粉っぽいソレ
舐めてみるとやっぱり醤油なのだけど
似ているだけではみ出しものなんだ
楊枝とつまみさえ
敬遠してしまうのだから
雨粒でも眺めていよう

トイレ
トイレ
トイレ
股の名は知らない
流されても流されても
残るよ コレ

  *

栗饅頭/秋刀魚の塩焼き/茶碗蒸しの銀杏
匂いは世界を誤魔化して

|

« 文学フリマ① | トップページ | 「指定席」 »

」カテゴリの記事

コメント

どうも松岡宮です。秋葉原、不思議な駅ですよね。循環小数・・・とは素敵な表現。循環しつつ実はラセンみたいに登ったり降りたりしているかもしれません。
文学フリマ行けなかったなあ~。

投稿: 松岡宮 | 2008年11月11日 (火) 18時56分

あぁ、宮さんに素敵な表現なんて言われたら、もうどうしていいのか。駅員コスでもすればいいですか?(違)
文学フリマ、短時間だけでしたがそれでも濃厚でした、はい。

投稿: 紫音 | 2008年11月13日 (木) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雨とアキバとトイレの匂いと香りについての考察」:

« 文学フリマ① | トップページ | 「指定席」 »